ネズミ目

【ネズミ目】デグー正しい飼育方法!初めての方「4個のポイント」について徹底解説!

投稿日:

【ネズミ目】デグーを初めて飼う方が注意したい「接し方」とは

 

知能が高く、慎重に馴れさせれば

飼い主と親密なコミュニケーションを

とることができるデグー。

 

「デグーといっぱい触れ合いたい!」

「デグーとはどんな風に接したら?」

「飼育しているデグーが懐いてくれない」

 

などと、デグーをまだ飼い始めたばかりの方や

これからデグーを飼育したいと考えている方にとっては

 

デグーとどのように触れ合っていけば

デグーと楽しくコミュニケーションが取れるのか

悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

 

 

愛らしい見た目のデグーですが

その反面、非常に神経質で

デリケートな性格を持ち合わせている為

 

飼育方法を間違えると、

デグーはそのストレスから

 

飼い主を困らせてしまう行動を

引き起こす場合もあるんですよね。

 

 

そこで、今回の記事では

デグーを飼育する際、

 

注意しなければならないポイントについて

お伝えしていきます。

 

是非最後まで読んで下さいね!

 

 

【ネズミ目】デグーの正しい飼育方法と注意点~その1

 

デグー飼育時において

飼育ケージは、縦に広がりのある物を

選ぶ事が重要です

 

そこで、飼育機材の中でも

特に重要な、ケージ選びや注意点について

紹介していきますね。

 

◯ケージ選びの注意点「高さが重要」◯

 

デグー野生化では、山岳地帯に生息している為

高い脚力を持ち合わせているのが特徴です。

 

 

デグーは、その自慢の高い脚力から

立体的な運動を好む傾向にあります。

 

 

デグーを飼育する際、

フェレットやモルモット用の

ケージで代用できますが、

 

デグーの高い脚力を考慮し

縦に広がりのある

 

ケージを選んであげる事が

デグーにとっては喜ばしいでしょう!

 

 

デグー飼育時において

多少狭くても、縦に広がりのある

ケージであれば問題ないようです。

 

 

とはいっても元気に飼育してあげるには

なるべく大きめのケージを

用意してあげるのが好ましいかと思います。

 

 

【ネズミ目】デグーの正しい飼育方法と注意点~その2~

 

◯デグーの給餌に関する注意点◯

 

デグーは完全な

「草食性動物」です。

 

 

メインとしてあげる餌は

ペレットや専用の

デグーフードが良いでしょう。

 

 

そして一番注意してほしい点として

デグーは体内でビタミンCを

生成することができません!

 

 

これは、私たち人間と同じですね。

 

 

デグーの主食、すなわちメインとなる餌を選ぶ際には

必ずビタミン類を含有している

タイプの物を選んであげましょう!

 

 

乾燥野菜も食べるのでオヤツとしてあげると

よりデグーからの信頼もアップして

仲良しになる近道になるかもしれませんね!

 

 

そしてもう一点注意していただきたいのは

デグーは代謝があまり良くなく、

 

栄養満点な餌をあげすぎると

「糖尿病」

になってしまう可能性があります。

 

 

私の知り合いで、デグーを飼っている方がいるんですが

栄養価が高い餌を与え続けた所

 

糖尿病を発症してしまったそうなので

デグーには本当に質素な餌しか与えてはなりません。

 

 

デグーが質素な物しか食べられない原因は

野生化ではあまり餌を食べられない

環境にある事が理由だと言われています。

 

 

デグーが、モグモグと餌をほおばる姿は

とても可愛らしいですが、

餌のあげすぎには注意しましょうね。

 

 

【ネズミ目】デグーの正しい飼育方法と注意点~その3~

 

◯デグーに適切な飼育環境◯

 

一般的に20°前後がデグーにとって

快適な温度と言われており、

 

・夏場は28°を上回らない

・冬場は10°を下回らない

 

ように温度調節してあげましょう。

 

 

また、デグーはストレスによって

ケージを齧ってしまう事もあり行き過ぎると

 

「不正咬合」

 

という、咬み合わせが悪くなり

餌をうまく食べられなくなってしまう

病気を発症する場合があります。

 

 

デグーが不正咬合発症を予防する為に

フェンスガードや

かじり木を設置してあげましょう。

 

 

そして適切な餌のバランスを考えることも

ストレス予防の大切な一環です。

 

 

また、運動不足を解消してあげるために

回し車も設置してあげましょう。

 

 

カタカタと一生懸命に回し車で遊ぶデグーは

悶絶モノですので、飼い主の私たちにも嬉しいですね。

 

 

そしてデグーはきれい好きな動物。

 

砂浴びをして体を綺麗に保つので

砂場を用意してあげましょうね。

 

 

床材には新聞紙やフカフカの藁

ウッドチップをたっぷりと敷いてあげてくださいね。

 

 

デグーはトイレを覚えないので

交換が楽な藁や

ウッドチップなどがオススメです!

 

 

以下にデグーの飼育に

必要な物をまとめておいたので

参考にしてみてください。

 

 

* ケージ

* 床材(ウッドチップ、藁、新聞紙etc)

* 回し車

* 砂場

* かじり木

* 巣箱

* フェンスガード

* 給水器

 

 

【ネズミ目】デグーの正しい飼育方法のポイント~その4~

 

◯デグーとの触れ合いについて◯

 

とても可愛いルックスに

高い知能を持ち合わせた

まさに完璧な愛玩動物といっても過言ではないデグー。

 

 

その高い知能を活かした

コミュニケーション能力の高さも

人気の理由の一つですね。

 

 

しかし、いくらコミュニケーション能力が高く

人になつくといっても油断は禁物です。

 

 

大きな音を出したり、むやみやたらに

撫でまわしたりするのはよくありません。

 

 

また、デグーをペットとして迎え入れる当初は

まだ環境に慣れるのに時間がかかる為

怯えがちになり、ストレスを感じています。

 

 

なので、デグーをペットとして

迎え入れたばかりの頃は

積極的なふれあいは避けましょうね。

 

 

高い知能を持ったデグーだからこそ

一度嫌な記憶を植え付けてしまうと

 

悲しい結果となりますので

過度なコミュニケーションは禁物です。

 

 

長い時間をともに過ごす

大切なパートナーとなるデグーですのでここは慎重に・・・。

 

 

そして、デグーはあまり独りにしすぎると

寂しくてストレスを抱えてしまう

なんとも可愛い生き物。

 

 

なので、デグーの様子を定期的に確認し

なでてあげると喜びますよ。

 

 

あまり時間がないという方は

複数飼育という方法もあります。

 

 

デグーは野生化では5~10匹ほどで

コロニーを形成して生活していますので、

複数飼育も可能なんです。

 

 

友達がいれば寂しくありませんし

私たち飼育者としてもただでさえ

 

可愛いデグーが複数いることで

癒し倍増は間違いなしいですね。

 

 

ただし、デグーを複数匹いるという事は

その分お世話も大変になるので

ご検討の際には、覚悟をもってお迎えしてあげてくださいね。

 

 

【まとめ】

 

その高い知能と愛らしいルックスを

兼ね備えたパーフェクトなデグー。

 

 

「かわいい」があふれる

デグーと夢の生活には、

様々な注意点があることがわかりましたね。

 

 

今回はデグーの正しい飼育方法を

4つのポイントに分けて紹介させていただきました!

 

 

デグーを飼育される際には

是非参考にしてみて下さいね!

 

 

以上、ヤマねずみでした。

 

-ネズミ目

Copyright© ねずみブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.