ネズミ目

【ネズミ目】チンチラに多い病気は?症状・治療・対策~その2~

更新日:

【ネズミ目】チンチラに多い病気「症状」「治療」「対策」

 

どうも!

ヤマねずみです。

 

 

前回の記事では

【ネズミ目】チンチラに多い病気が

 

主に、

 

・不正咬合(ふせいこうごう)

・熱中症

 

を発症しやすいという事を

お伝えさせて頂きました。

 

 

そして、チンチラが不正咬合や

熱中症を発症してしまった場合の症状や治療

 

更には、対策などについても

解説させて頂きましたね。

 

 

関連記事=チンチラこの病気にかかると命の危険!?病気の種類とは!

 

 

ですが、チンチラに多い病気は

この不正咬合や熱中症以外にも

まだ幾つか存在するんですよね。

 

 

そこで、今回の記事では

チンチラに多い病気として

 

「不正咬合」と「熱中症」

以外についてお伝えしていきます。

 

 

是非最後まで読んで下さいね!

 

 

【ネズミ目】チンチラに多い病気「皮膚糸状菌」

 

チンチラに多い病気の一つとしては

 

「皮膚糸状菌」

 

という皮膚病に

かかりやすいと言われていますね。

 

 

チンチラが、「皮膚糸状菌」を発症してしまう原因は

飼育環境やストレスによる

免疫低下によって、

 

 

・脱毛

・フケ

・炎症

・かさぶた

 

 

など、鼻や耳、手足の先などに

かさぶたや、炎症などを引き起こし

脱毛やフケといった症状などが出てきます。

 

 

更に、「皮膚糸状菌」がひどくなると

患部が炎症を起こし、

かさぶたが出来てしまいますね。

 

 

この「皮膚糸状菌」という皮膚病は

 

主に、チンチラの体と精神状態が

まだ不安定な状態である

 

小さい時に

多く見られる病です。

 

 

もしも、チンチラが

「皮膚糸状菌」を発症した場合は

動物病院へ速やかに連れていき

 

「抗真菌薬の投与治療」を行います。

 

 

そして、チンチラが「皮膚糸状菌」を発症した場合

抗真菌薬の投与治療以外に必要なのは

 

ケージ内を掃除し

清潔に保つ事です。

 

 

チンチラに皮膚へのダメージを、

更に悪化させない為にも

 

ケージ内に設置してある

砂の交換は毎日行うようにして、

砂浴びの回数を減らしましょう。

 

 

もしも、チンチラを数匹飼育している場合は

同じケージに入れると

他のチンチラがケージ内を荒らすので

 

チンチラを数匹飼育している場合は

別々のケージに入れるようにし

清潔にしておきましょうね。

 

 

先程お伝えしたように

「皮膚糸状菌」は、ストレスが原因で

免疫力の低下によって引き起こしやすくなります。

 

 

ですから、チンチラの性格や特徴を理解し

なるべくチンチラに

ストレスを与えないよう配慮して

 

「皮膚糸状菌」を発症しないように

飼育しましょうね。

 

関連記事=チンチラ実は神経質でデリケート?その特徴と性格について!

 

 

【ネズミ目】チンチラに多い病気「脱毛症」

 

チンチラは子供で3か月ごと、

大人は春と秋に換毛期があります。

 

チンチラが、このように、換毛期の際に起こる

自然な脱毛は良いのですが

 

しかし、それとは別で

チンチラが部分的に不自然な脱毛を

引き起こすことがあるんですよね。

 

 

このチンチラが換毛期以外に発症する

不自然な脱毛は

 

「脱毛症」

 

という、病気であると判断し

即座に対応しなければなりません。

 

 

チンチラの脱毛症に見られる、主な症状は

 

わき腹や尻尾などに部分的、

まだらな脱毛が見られ

地肌が見えるようになります。

 

 

チンチラの脱毛症の原因として挙げられるのは

 

・ストレス

・栄養不足

・ホルモン異常

・遺伝的要因

・環境

 

などであると言われていますが

その中でも、チンチラの脱毛症の中で

最も多いと言われているのが

 

ストレスによる毛噛みです。

 

 

チンチラのストレスによる毛噛みとは

チンチラがストレスによって、

自分の毛を噛んでしまう事で

 

毛がまだらに抜けたり

皮膚を傷つけてしまうんですよね。

 

 

もしも、チンチラが毛噛みをし

それによって傷や炎症などがある場合は

 

直ちに、動物病院で診察してもらい

治療をしてもらうの先決です。

 

 

そして、チンチラが毛噛みしないように

エリザベスカラーを着用し、

 

脱毛症の症状を悪化させないよう

措置をとる事が有効ですね。

 

 

チンチラの毛噛みは、先程も言ったように

ストレスが原因です。

 

 

なので、チンチラのストレスが

食事などによる栄養面であれば、食事を見直し

 

ケージの広さが狭くて

ストレスを感じているのであれば

 

ケージを広くしてあげながら

散歩に連れて行って

チンチラを開放してあげるのが良いですね。

 

 

更には、チンチラを飼育している

 

部屋の温度が

「15℃~25℃」

 

湿度が

「60%以上」

 

の環境になっていないかを見直し

チンチラが過ごしやすい環境を整えてあげましょう。

 

 

まとめ

 

今回、チンチラに多い病気として

「皮膚糸状菌」と「脱毛症」について

お伝えさせて頂きました。

 

 

チンチラが「皮膚糸状菌」

及び「脱毛症」を発症する

一番多く考えられる原因は

 

いずれもチンチラ自身が

精神的に抱えている

ストレスが原因だと思われますね。

 

 

チンチラは、スキンシップを好み

動き回るのが大好きな動物である反面

 

デリケートで、神経質な性格から

ストレスを強く感じてしまうのが特徴です

 

 

なので、チンチラがもしも

「皮膚糸状菌」や「脱毛症」などを

引き起こした場合は

 

もちろん動物病院へ連れて行く事が

最優先ではありますが

 

チンチラが何故

「皮膚糸状菌」や「脱毛症」を引き起こしたのか

原因を突き止める必要がありますね。

 

 

なので、飼い主として、チンチラがどうして

「皮膚糸状菌」や「脱毛症」などを

発症してしまったのか

 

チンチラの飼い主として

これまでの飼育環境や栄養面などといった

あらゆる部分から見直し

 

チンチラが快適に過ごせるように

尽くしてあげるのが

飼い主としての役目ですよ。

 

 

チンチラと笑顔で、楽しく暮らせるように

今回の記事が少しでお役に立てたら幸いです。

 

 

以上、ヤマねずみでした!

 

-ネズミ目

Copyright© ねずみブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.